スタッフブログ くらつきだより

2012年07月02日
7月1日 氷室の日

7月1日は氷室の日です。
加賀藩が氷室に貯蔵していた氷を、
幕府に献上していた日で江戸時代から受け継がれる
初夏の行事です。


この日に氷室饅頭や氷室竹輪などを食べると
夏場を無病息災で過ごせるという習わしがあります!!!



 と言うことで…
寿晃園の昼食も氷室の日の行事食です。
・金時草ちらし寿司
・鮭の黄金焼き
・氷室竹輪の炊き合わせ
・そば汁
・すいか
おやつ
・氷室まんじゅう



金時草ちらし寿司の《金時草》は
金沢でとれるものは加賀野菜に指定されており、
美しい紫色とぬめりが特徴で
主な栄養はビタミンA、カリウム、鉄、カルシウムを多く含み
赤紫色の色素のアントシアニンは活性酸素を抑え、
血圧を調整する成分も含んでいる野菜です。

『金時草ちらし寿司』のレシピ
4人分
 ・米    …3カップ
 ・水    …3カップ
 ・酒    …大さじ2
 ◎酢    …大さじ5
 ◎砂糖   …大さじ2
 ◎塩    …小さじ2
 ・金時草  …1束
 ・白いりごま…大さじ2
 ・卵    …2個(いり卵を作る)
 ・青じそ  …4枚(せん切り)
【作り方】
1.酒を入れご飯を炊く。
2.◎を合わせ、すし酢を作る。
3.金時草は塩を少々加え、30秒から1分間ゆで、
 水に入れ冷まし水気を取って細かく刻み
 すし酢につけておく。
4.ご飯に3と白いりごまを混ぜ、皿に盛り
 いり卵と青しそを飾る。

*簡単で、とっても美味しいので作ってみてください!!!