自然体験教室 5歳児2017.11.10


今回の炊飯活動では園の田圃で収穫下したお米を使いました。グループで使う分4合を、飯盒の内蓋を使い2合ずつに分けて精米機に入れていきます。これで精米仕立ての美味しいご飯が用意できました。初めての経験に、みんな興味津々です。




園畑からは落花生を収穫していきました。一株抜いてみると鈴成に実っており「大量や!!」と大喜びする子ども達。しかし、これがどうやって食べるのか、どの様に調理するのか想像もつかない様子。今回初の実食となります。子供たちの反応が楽しみです。




今回は今までの経験を活かしグループで炊飯活動を行うことをねらいとしました。調理班では「どれくらいの大きさやったけ?」「切った野菜はお鍋に入れるんやよ」と声を掛け合い、子ども達で進めていく姿が見られました。包丁の使い方も安心して見ていることができました。



落花生の下処理です。ドロドロの実を一つずつ丁寧に採りボウルに入れていきます。鈴成についていたので根気のいる作業となりましたが、さすがたいよう組さん。黙々と取り組んでいました。これをキレイに洗って大釜で塩ゆでして食べました。






釜戸班です。ブロックを何度積んでも水平にいかなかったり、やっと着けた火が消えてしまったり。保育者側が手や口を出せばできてしまうのですが今回は子ども達だけの力で!失敗も経験。失敗をして得ることも沢山ありました。




付けも全て自分たちで行います。鍋についたススや飯盒の中の焦げも、キレイになるまで一生懸命擦ります。焦げ付いた鍋をピカピカに磨いている子を見て隣の子も負けずと磨き始めました。友達よりさらに上を目指そうという志。グループ活動を通して友達との関わりの中で芽生えてきたものだと思います。大きく成長した子ども達です。


お店屋さんごっこ(ほし組)2017.11.09




たいよう組さんのジュース屋さんへ行ってジュースをもらえたことが嬉しかった子ども達。
「たいよう組さんにプレゼントしたいね」ということでみんなで話し合いました。




「手紙」「どんぐり」と言う子が多くみんなで公園にどんぐり探しに出かけました。
「沢山のどんぐりたいようさん喜んでくれるかな?」と不安そうな子も…。


手紙と書くグループと、どんぐりをラッピングするグループ。
手紙 ー 字の書けない子は絵で
ラッピング ー 折り紙で自分達で工夫して包みました。



みんなで渡しに行き大喜びのたいようさんを見て「大成功!!」と嬉しそうでした。


内川小学校との交流2017.11.07








10月25日に、内川小学校へ交流会に行ってきました。バスの車窓から校舎が見えると、「わ?!小学校だ!」と、目を輝かせながら眺めていました。静かな校舎に入ると、みんな声をひそめながらも、ワクワクした足取りで教室へと向かっていった子どもたち。伝承踊りを見たり、1・2年生16名と一緒に鬼ごっこやゲームを楽しみました。お兄ちゃんたちの足の速さに驚きましたが、小学生になることへの憧れがさらに高まったようです。「また遊んでね」「次は、こども園に来てね?!」と、最後には笑顔で言葉をかけ合うほど打ち解けることができました。また交流を重ね、小学校と親しんでいきたいと思っています。


収穫祭2017.10.20


収穫祭
今回も餅つきをしました



餅つきの様子を見入る子ども達。
顔から笑顔が消えていました。
何故でしょう。



0歳児さんも真剣に見ています





少しだけついた餅を食べてみました。
始めは抵抗していた子も一口食べるとおかわりを欲しがるほど美味しかったみたいです。







たいよう組も挑戦です
10回ずつつくのですが…。
みんな大変そうでした




今回はリライフとデイサービスのおじいちゃんおばあちゃんにお餅を丸める作業を手伝ってもらいました。
子ども達から「ありがとうございました」のお礼の言葉を聞いておじいちゃんおばあちゃんの顔が満面の笑みとなりました。本当のありがとうございました。







今日の給食はみんなでついたお餅とめった汁です
沢山おかわりしてね


お店屋さんごっこ2017.10.20







5歳児のジュース屋さん
4歳児ののど飴屋さんが開店されました。


太陽丘こども園 以前の記事

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ