4歳児自然体験教室2016.11.15


娚杉(めおとすぎ)少年の森で野外炊飯活動をしてきました。到着して直ぐは晴れていたのですが、次第に雨が降ってきてしましました。寒さは感じなかったので、子ども達は過ごしやすかったのではないかと思います。





食材班は天然のなめこを採りに行ってきました。丁度雨が降っていたので山奥までは行けなかったのですが、こんなに立派ななめこを見つけることが出来ました。



今回の調理班は、みんな家庭でよくお手伝いをしているのか手際よく包丁で切っていました。しかし、全ての具材がちょっと大きめ…。(よく煮込むと柔らかくなり美味しかったです)




 薪集め班です。用意してある薪を使いました。少し大きかったので、ノコギリで小さくカット!!なかなか切れなく苦戦していました。





炊きたてのご飯でおにぎり作り。今回は園で作った梅干も入れたので美味しさ倍増!!2升炊いたお米があっという間になくなりました。デザートに柿と焼き芋を用意したのですが、全部完食。すごい食欲ですね!


常に火を焚き暖を取りました、近づきすぎないようにブロックで囲いを作りご飯を食べたり、うちわで扇いだり…。煙が目にしみて逃げていく子も…。けれど火を絶やすことはできないので頑張って火の守をしてくれました。



冬眠前のガマガエルに会うこともできました。
起こしてごめんね。
来年までゆっくり休んでね。


3歳児自然体験教室2016.11.11


今回はキゴ山に登ってきました。枯れたススキの斜面は意外と登りにくく、「もう疲れた」と、座り込んでしまう子もいましたが、みんなで声を掛け合い何とか上まで登ることが出来ました。






長い長いススキを真先生にとってもらって大喜び!!こんなに長いススキは珍しいですよね。箒にしたり天高く空に向けたり同じススキを持っても子ども達の遊び方は違っていました。



一人が魚釣りを始めると、次から次へを魚釣りを始める子ども達。「釣れた?」と、聞くと「なかなか釣れない?」「でもそこに大きい魚いるの」と、ごっこ遊びが始まっていました。




ノブドウやガマズミを採っているところです。真先生が食べれるよ!と言ったものを取りあえず食べてみる子ども達。口に合わなかった時のあの歪んだ顔がたまらなく可愛かったです。



こんな山道も歩いてきましたよ!滑るので下を見て歩くことが多く…。すると、小さな木の実やどんぐり、虫までも見つけて嬉しそうに見せてくれました。


前日雨が降っていたので山道は滑りやすくみんな慎重に歩いていました。特に下り坂は慎重に慎重を重ねて、止まりそうな程でしたが、自分で危険を察知して歩き方を変えているんだなと感じました。


5歳児自然体験教室2016.11.09


今回は娚杉少年の森で野外炊飯を行いました。
紅葉も綺麗に見える秋晴れのとても良い日で、少し風が冷たかったのですが、活動をしていると暑くなるほどでした。



釜戸は壊れたブロックを使用して作りました。石よりの崩れにくく作りやすかったみたいです。後は着火が上手くいくかどうか!!ここで班ごとに差が出ていました。



現地には調理場が有り、水で野菜を洗えたので作業がはかどりました。今回も具沢山だったのですが、前回より野菜を小さく切ってあったのでしっかり火が通っており美味しかったです。







今回の材料班は天然のなめこを採りに行ってきました。山の中に入ると様々なきのこを見つけ、「これは?」「ヌルヌルしてないから違うよ」と、皆できのこを観察していました。



良い天気が続いたのでどの木も乾燥していて薪にぴったりでした。今回は大きい薪がたくさんあり、細かく折ったりノコギリで切ったりする作業もできました。


食材も切り終わり、鍋を火にかけるところまでくるとホッと一息つけます。順番に火をくべたりおにぎりを作ったりして、めった汁ができるまで待ちます。


今回もお米は大成功!!前回食べたお焦げが美味しかったのか「焦げてるところ欲しい!」と、リクエストする子もいました。めった汁は味もバッチリでみんな間食!!
最後の野外炊飯楽しかったね。


やはり3度目ともなると子ども達も手際がよく、釜戸作り・薪集め・野菜きりの作業スピードも格段に早くなっていました。


Facebookもチェック

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ