10月 ぞうグループ活動2018.10.31



 10月のぞうグループは制作は「みのむし」に落ち葉を使用しようと思い、北陸大学の近くにある桜並木道まで落ち葉拾いに行きました。歩道にはいろんな色の落ち葉があり、子ども達は「赤色だね」「黄色だね」「可愛い!」などと言葉にしながら、虫かごにたくさんの落ち葉を摘んでいました。又、穴のあいた落ち葉を保育教諭が子ども達に見せながら、「あおむしさんが食べて穴があいてるのかな」とつぶやいてみると、「えっ!あおむし?」と興味津々に落ち葉を覗きに来る子ども達。自分たちで穴のあいた落ち葉を見つけると、友達に見せながら「あおむしさんかな?」と楽しそうに見せ合いっこを楽しんでいました。



 落ち葉を拾った後は、詩の木公園にも行きました。詩の木公園で緑色のどんぐり、小さいどんぐり、帽子を被っているどんぐりなどたくさんのどんぐりを見つけ、嬉しそうな子ども達。自然と「どんぐりころころ」の歌を歌い出す姿がとても可愛らしくて、私たちも一緒になって歌うことを楽しみました。




 子ども達が集めた落ち葉を保育教諭が押し葉にし、制作に使用しました。自然物を使った制作は初めてだったので、子ども達にどんなものを作るのか説明すると「やってみたい!」という声が上がりました。初めに、葉っぱにボンドを塗ります。一本指でボンドを取ると慣れた手つきでボンドを伸ばし、みのむしの体に葉っぱを貼っていきます。制作中に、「すごいね!!」と言葉にしたり、「もう一回、もう一回!」と口にしながら次々と楽しそうに落ち葉を貼る子ども達でした。お顔も描いて素敵なみのむしが出来ました。


にんじん組 くまグループの活動2018.10.31


 晴れた日に、園庭で砂遊びをしました。雨が降った次の日という事もあり、砂場はひんやりとしていましたが、スコップで穴を掘るたびに水が出てきて驚いていた子ども達。砂場から水が出て来るという不思議な様子が面白くて、掘ったり埋めたりと夢中になっていました。




 スコップですくった砂をカップに入れて「あいすー」と見立てて遊んだり、大きな砂山を作って、壊してと夢中になって遊んでいくうちに汚れを気にせず遊ぶ姿が見られ、片づける15分程前には砂の上に座って砂遊びを楽しんでいた子ども達でした。


裏山登り・奥山遊び(5歳児)2018.10.19



待ちに待った裏山にあそびにいく日!快晴の青空の様に子ども達もルンルン気分で向かいます。




秋の裏山は草花も生い茂っていました。、歩いている途中、園長先生が突然木に登って「あけび」を捕ってくれました!






木の枝で逆上がりをしてみたり、木を高い所まで登ってみたり、友達と協力して遊んでみたりと、あっという間の1時間でした。


親子自然体験(たいよう組)2018.10.17


10/16に医王山スポーツセンター・アウトドアクッキング村にてたいよう組の親子自然体験が行われました。
毎月の自然体験教室で培われた知識を保護者の方に披露します。




お昼ご飯に作る「カレー」の材料を森の中から各グループで見つけ合います。





集めた食材を切ったり洗ったり、集めた薪にマッチで火をつけたり大忙しの子ども達です!



皆で作ったカレーは格別の味でした!残さずにお腹がいっぱいになるまで食べました!


3歳児 ほし組の活動2018.10.16


久しぶりに裏山広場に行きました。



最近は戸外に出ると、虫を探すことに夢中な子ども達。今日もバッタ、カマキリ、コオロギ等をたくさん捕まえて、虫かごに入れては大喜びでした。初めは虫に触れることができなかった子も、今では平気で手の平に乗せて可愛がっている姿も見られます。



「一回ずつ、順番ね」と声を掛け合い、遊ぶ姿も見られました。少しずつ子ども同士でルールを決めて上手に遊べるようにもなってきて、そんな子ども達の成長を嬉しく思う場面でした。


Facebookもチェック

副園長から 最新記事

太陽丘こども園 以前の記事

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ