1月のとまと組の子ども達の姿2021.01.29

 最近の子ども達は踊る事が大好きです。
音楽がかかると思わず体が動きだし、楽しくて笑顔になっています。
中には腕を叩いて「踊りたいよ!」と伝えてくる子もいるほどです。
大人の動きの真似をして体を動かそうとしたり、思い思いに体を動かす子もいたり。音楽を覚えていて、曲に合わせてハイハイや体を動かして踊る子もいます。
かわいい子ども達の姿をご覧ください。




にんじん組くまグループ1月の活動2021.01.29



1月から始まった雪遊び!雪が沢山積もり、思う様に足が動かず困っていましたが、「雪のイスだね」と声を掛けると子ども達も嬉しそうに雪の上に座ったり、寝転がる子もいました。




また雪に埋まっている枝をひっぱり、「取れない~」と言う子や、せんせー見て見てと言っている様な表情で一生懸命自分で作った雪玉を見せてくれる子もいました。



保育室でも雪遊びをしてみました。保育教諭の手のひらに雪を乗せ、握りしめると雪が溶け水になり「あれれ雪が消えちゃったね」と声をかけると子ども達はきょっとんっとした様子で何が起きているのか分からない様子でしたが、保育教諭の手のひらを真剣に見つめていました。また保育教諭の手の平に触れると「冷たい!!!」驚く子ども達。


これからもたくさん雪触れる機会を作っていきたいと思います。


にんじん組うさぎグループ 雪遊び2021.01.29

 1月は戸外に出てたくさん雪遊びを楽しむ事が出来ました。






 初めて雪遊びをした時は、雪もたくさん積もっていたので雪の中にはまったり、長ぐつが脱げて靴下が冷たくなったり、歩きづらかったりして、泣いたり部屋に戻りたがったりする子もいましたが、最近ではずい分慣れて来て、自ら雪が沢山積もっている中に進んで行ったり、誰も歩いていないところを探索しながら歩き回ったりして生き生きと遊ぶ子が多くなってきました。







 砂遊びの道具を使って、雪をご飯やアイスなどに見立てて、友達や保育教諭とのやり取りを楽しんだりもしています。






 戸外はとっても寒い日もあるので、子ども達一人一人の思いを聞きながら活動時間を調整しつつ、安心し、満足できるまで雪遊びを満喫する事が出来るように、今後も機会を作っていきたいと思います。


ぴーまん組ぞうグループ1月の活動2021.01.28


年が明けて、園庭にたくさんの雪が積もりました。さっそく子どもたちはスキーウェアを着て園庭へと繰り出しました!



除雪車が固めていった雪のかたまりが、子どもたちにとって絶好の雪山へと変貌し、大きいクラスの子たちを真似しながら、一生懸命のぼっていく姿が見られました。
雪の断崖と言っても過言ではないほどの高さでしたが、ひるむことなくのぼる姿に、びっくりしました!




一人ではちょっぴり勇気がいる時は、保育教諭といっしょにチャレンジしてみましたよ!
風を切って滑り降りるのが、とても気持ち良さそうでした。



築山からのソリ滑りも、すっかり定番になり、友達と一緒に仲良く滑る姿に、ほっこりとしました。
寒さを忘れて、心も体もポカポカになったようです。また、雪遊びができるといいね!


新年会2021.01.28



「明けましておめでとうございます!」
新年の挨拶をし、今年の新年会はりゅう先生による大迫力のもちつきからスタートしました!
「がんばれ!がんばれ!」と子どもたちの声援が大ホール中に響きわたり、
とまと組さんからたいよう組さんまで、会場の一体感はものすごかったです☆




鏡餅やお節の由来の話をジッと真剣に聞いた後には
みんなでお正月クイズにチャレンジ!!
絶対に正解するぞ、と熱く答える以上児さんたちの真剣な顔も
答えはわからなくても、笑顔でとにかく答える未満児さんたちの可愛らしい顔も
どちらも印象的でした◎


クイズの後には、今年たくさん降った・・・
「ゆき」を楽しく歌いました♪


新年会の締めは、職員による正月遊びの披露!
指名されたのは・・・りゅう先生~!
みんな、かわいいお顔の牛さんを完成させようと
りゅう先生に「もっとこっち!」「ちがう!上!!」など、
一生懸命に指示を出してくれていましたが・・・



仕上がりはこんな感じ
でも「なんじゃそりゃ〜」と盛り上がり、
大笑いで幕を閉じた新年会となりました♪


Facebookもチェック

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ