前回の炊飯活動では保育教諭がリードする中、活動を進めていたのですが、今回は前回の経験を活かし、子ども達で炊飯活動を進めていきました。どうして良いか分からずモジモジしてしまう子もいましたがグループで話し合い一つずつ作業をこなしていました




野菜は川の水で綺麗に洗います。野菜は皮と実の間に栄養がたくさん詰まっていることを伝え、皮を剥く事をやめました。その分土や汚れをいつも以上に綺麗に落とさなくてはいけないので、入念に洗う姿が見られました。




お米も川で洗います。一粒も流さないように慎重に慎重に洗う子ども達。最後に川の水を汲んで入れるのですが、歩くと川底の土が舞い、綺麗な水が汲めないのでそっと川に入り慎重に汲んでいました。




河原に机を設置して調理場の完成。調理班はジャガイモ、ニンジン、サツマイモ、肉を切ります。切った野菜の大きさが全く違い、包丁を持つ子の家庭の調理の仕方がよくわかりました。




釜戸班は釜戸を作り火をつけます。釜戸の大きさ、深さにより火はつくものの、鍋まで火が上がらずなかなか沸騰しないグループもあり、グループ担当の保育教諭と共に苦戦していました。



目標時間の13時にはみんな食べることができました。カレーと違いシチューは多少薄くても野菜の味を感じられたのでどのグループも本当に美味しく出来上がりました。
来月はめった汁作りです。カレーやシチューと違い味付けがポイントとなります。お楽しみに!



使った鍋は綺麗に洗います。



お疲れ様・・・。


Facebookもチェック

副園長から 最新記事

太陽丘こども園 以前の記事

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ