縦割り活動で裏庭に出かけました。うさぎグループのMちゃんのつぶやき「にぎにぎするの!」を聞いて、保育教諭も真似して草を握っていると、様子を見ていて気になったSくんも一緒になって握り始めます。保育教諭が「おだんごできたね、おいしそう?!」とつぶやいていると、周りにいた子も「えっ、おだんご!」と反応していました。みんなで食べる真似をして、見立て遊びが始まりました!
 竹皿に保育教諭が草を入れると、Sくんも真似してたくさんの草を摘み始めます。「なにつくったの?」と尋ねると、「カレー!」という返事が返ってきました!!保育室の見立て遊びでは、「熱いよ!」「辛いよ!」という言葉しか聞いたことがなかったので、カレーという返事にびっくりしたのと同時に見立てもどんどん上手になってきているなと感じる瞬間でした。
 保育教諭の姿を見て草を握ったり、竹皿を出したりして遊びが広がっていきましたが、ある程度の見立てを一緒に楽しんだ事で、次は子ども達から様々な見立てや考えが浮かびだしました!子ども達と一緒に見立て遊びをするのが楽しい私達です。



中には、大人が思いつかないような見立て遊びをしている子もいました。竹皿の他にもペットボトルと牛乳パックがあります。Rくんがペットボトルの中に長い草を入れ、キャップからはみ出た草を口にくわえ、吸うような仕草をして遊んでいました。その様子を見ていたAちゃんも牛乳パックに草を入れて真似を始めました!!始めは、何に見立てているのか分かりませんでしたが、気になって様子を見ていると“ストロー”に見立てていることに気づきました。大人から発した遊びではなく、子ども達から「こうしたらどうなるかな」と試しながら遊ぶ姿に、大人が思いつかないような遊びにたどり着くなと思いました。子どもからの発した遊びを大切にしたいと思います。


Facebookもチェック

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ