カタツムリがやてきた2017.07.11




にんじんさんのお部屋にカタツムリがやってきました。
みんな興味津々。
見ても見ても物足りずずっと見ていました。
そんなみんながとても可愛かったです。


代掻き2017.06.22


6月に田植えを田植えをする準備として代掻きを行いました。
行ったのは3.4.5歳児。
始めて田んぼに入った子もいました。



まずは田んぼの中を歩いてみることから始めます。
ヌルヌルしていてなかなか前に進めず・・・。
中には立ち尽くして泣いてしまう子もいましたが、楽しくあるいている子を見て頑張って歩き出す姿も見られました。



田んぼの中の大きな石を拾っています。
水が濁っていたので目では見えないのですたが、足の裏で探り大小様々な石を見つけてくれました。




最後は皆で手を繋ぎ、横一列になって泥を揉みほぐして行きます。
これで綺麗な田んぼが出来上がりました。
来月は田植えです。


救急講習2017.06.22



太陽丘こども園は自然体験教室や山での活動など園外活動が多いため、日本赤十字の方にお願いをして救急講習を行いました。







新しい仲間が増えました2017.06.20


先月、4年間園庭で飼っていたカモが突然いなくなりました。
こども達にとてもなついていて、子どもが追いかけたり子どもが追いかけられたり…。
卒園式には園庭から卒園児を見守っていたりと愛着たっぷりみんなに愛されたカモだったのです。そんなカモがいなくなって暫くは悲しみに更けていたのですが、先日新しいカモをいただくことができました。




真先生の実家の田んぼで飼っているカモです。
こんなに小さなカモを見たのは初めてのこども達。
「可愛い」「小さい」と目を細めて見ていました。



赤ちゃんカモはまだまだ弱く、直ぐに病気になってしまうため暫くは園の玄関で飼うことになります。
年長組のお当番さんが毎朝飼育のお手伝いをしてくれる予定です。
早く大きくなって、園の田んぼで遊べるといいね。


3歳児自然体験教室2017.06.20


自然体験教室は初めてのほし組さん。登園して直ぐに「いつになったらバスに乗るの?」「何時に行くの?」とワクワク。バスに乗ってからも興奮は続き、見えるもの全てに「何これ?」「どこ行くの?」と興味津々にお話していました。



まず見つけたのは梅の実。「これはみんなが給食で食べる梅干だよ」と説明されるのですが、色も違うし匂いも違うためみんな首を傾げていました。このように田んぼの周りを散策しながら、季節の自然を見つけて歩きました。



田んぼの中には大きなタニシがゴロゴロ。真先生が田んぼに入って採ってきてくれたのですがこんなに大きなタニシは見たことがなく子ども達も驚いていました。タニシの他には、昨日までオタマジャクシだったかの様な小さなカエルが畦一面をぴょんぴょん跳んでいました。



用水にも入ってみました。「足は濡れてもいいんだよ」と声を掛けるのですが、なかなか勇気が出ない子ども達。しかし、一人二人と入りだすといつの間にかほとんどの子が入っており、中には体まで浸かって遊ぶ子もいました。(暑かったもんね)




先生のお家の田んぼに小さな小さなカモの赤ちゃんが沢山いました。園のカモがいなくなってしまったという事もあり、2羽頂いて、園で育てることにしました。小さなカモの赤ちゃんにみんなの目はウットリ。ピーピーなく鳴き声も可愛く暫く見入っていました。



今回はカエルとタニシを沢山捕まえることができました。カエル好きの子ども達は片時も離れられず観察をしていました。暫くは保育室で観察を続け、その後は大きなビオトープに離してあげようと思っています。


太陽丘こども園 以前の記事

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ