たいよう組 親子自然体験2020.10.27


待ちに待った親子自然体験!
子ども達も気合いが入っている様子です。






いつものように調理担当と釜戸担当に分かれてさあスタートです!
いつもと違うのはお母さんお父さんが見ている事。
でも、やるのは自分達!
美味しいご飯をお母さんお父さんと食べるために頑張ります!




生きているイワナを捕まえるのもお手の物!
怖がっているお母さんを見てすかさず「やってあげよっか?」と助けに行く姿も。
しっかり掴んで、内臓も自分で取ります。




いつも食べている魚にも命があることを改めて体感した子ども達は感謝の気持ちでしっかり味わって食べました。めった汁も大好きなお母さんとお父さんと一緒なら美味しさも倍に!
笑顔いっぱい!お腹いっぱい!大満足な時間でした。



でも今回のみんなが出せた力は60パーセントくらいかな?
やっぱりお母さんお父さんが一緒だと甘えたい気持ちもあるよね!
これからもみんなでいろんな体験をたくさんしよていこうね!


もみすり機を使って・・・2020.10.26


先日、脱穀したもち米を今日は、もみすり機を使って籾殻を取り除き、玄米にする作業を行いました。




初めてもみすりを体験するので、子ども達も真剣そのもの!!
「何で籾殻だけこっちに出るの!?不思議だね・・・。」と、つぶやく子もいました。



今週の収穫祭に、みんなが作ったもち米で「餅つき」を行う予定です!!
楽しみが止まらない子ども達!早く食べれるといいね。


つき組 9月の活動2020.10.08

 運動会に向けた活動の合間には、園庭や芝生広場、裏山広場で伸び伸び遊ぶ子ども達です。





 自然物を使ってままごと遊びをしたり、虫探しをしたり…




 これから過ごしやすい気候にもなり、戸外での活動を充実させ、少しずつ秋に変化していく戸外の虫や自然物の発見も楽しんでほしいと思います♪又、戸外での発見を保育室にも持ち帰り、室内でも秋を感じたり生き物を観察したりする事を楽しめたらと思います。


稲刈り!脱穀!2020.10.08


今日は待ちに待った稲刈りの日!
自分達で植えた「もち米」がすくすくと大きく育ち、沢山の稲穂が実りました。




鎌の使い方に注意しながら、一生懸命稲刈りしています!




自分たちで収穫した稲が嬉しくて、自然と笑みがこぼれてしまいます。
意欲的な子ども達だったので、あっという間に田んぼ一面の稲を刈っていました。
そして、収穫したもち米を脱穀機で脱穀しますが…




脱穀機の回転の速さに体がもっていかれそうになりながらも踏ん張って稲を持つ子もいれば、、「こうやって稲から穂を採るんだ?」と、不思議そうに見ている子もいました。




最終的には、沢山のもち米を収穫でき、嬉しそうな子ども達!
しっかりと、脱穀した所に落ちていた藁も拾い集めてくれました。
「あ?…早くお餅食べれんかな…」と、早くも餅に期待する子ども達でした。


9月の様子 ぴーまん組ぞうグループ2020.10.07

9月は天気の良い日が多く、戸外でたくさん遊ぶことができました。
お散歩にも出かけ、少しずつ秋めいていく季節を感じながら散策を楽しみました。



散歩先では、出会った工事のおじさんに「こんにちは!」と元気に声をかけ、はたらく車の名前をたずねるなど積極的な子どもたちでした。この日は、コンクリートミキサー車にショベルカー、郵便車、ゴミ収集車に出会えました。



上旬の頃は、誘導ロープを使って歩いていましたが、だんだん友達と手をつないで歩く姿が安定してきたので、中旬頃からは手をつないでの散歩に初挑戦しました。
はりきって友達をリードしたり、「大丈夫?歩けるかな?」と、声をかけて歩幅やスピードを合わせながら歩く優しい姿も見られ、心があたたかくなりました。



ホールや芝生広場では、運動会ごっこも楽しみました。以上児クラスのリハーサルを見に行って刺激を受けたり、ダンスにもチャレンジしたり・・・。本番は参加できなかったけれど、『運動会』という雰囲気を体感することができました。


太陽丘こども園 以前の記事

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ