私のクリスマス2012.12.26

頑張って練習します!


 雪景色きれいですねー。ずーっと眺めていたら、何だか心が洗われるようです。
 昨夜 銭湯に行ったらクリスマスソングが流れていました。お子さんたちは、クリスマスプレゼントに大喜びだったことでしょうね。そして、もうすぐお正月 楽しいこと続きですね。
 私のクリスマスは何の予定もなく(悲しい・・・)、暖かな部屋から小さな庭の冬景色を眺め、好きな音楽を聴いて、猫たちを相手にまったりと過ごしました。
夜8時過ぎに、娘が「優雅な月よ」の楽譜を持ってやってき、初レッスンが開始。恥ずかしい話ですが、楽譜読めず・音とれず・イタリア語読めず・・・そんな私に、とうとう娘の愛のムチ(げんこつ)が!!
あれれーっ  これって娘が小さいころ、私が娘にしていたこと???
‘自主練習をしっかりするように・一題目を覚えたらテストをし、合格しないと二題目は教えない’と言って
帰っていきました。あ?あ? 何ケ月かかることやら・・・でも、覚えると決めたのだから 絶対に途中で投げ出さないわ!
 さて、今年も残すところ数日となりました。保育園の開園準備も急ピッチで進んでいます。
1月12日には、全職員初めての顔合わせがあり、とても楽しみにしています。新年から、保育園のこと・職員のことなどお知らせしていきますね。どうぞお楽しみに!
 それでは皆様、良いお年をお迎えください。
  またお会いしましょう。


お月さまだーい好き!2012.12.17

優雅な月よ


  木々の葉も枯れ落ち、町はクリスマスムード一色ですね。
 昨日、金沢アピタで4月から太陽丘保育園に入園される3歳の可愛い女の子と保護者の方にお会いしました。‘会えてうれしい?!’と握手やハグ(お子さんと)を繰り返し、可愛い女の子は‘先生 バイバーイ!’とお互いの姿が見えなくなるまで繰り返し手を振ってくれました。4月からこんなに可愛いいお子さんたちと過ごせるのだと思うと、嬉しさと同時に責任感で胸がいっぱいになりました。保護者の皆様や地域の皆様のお力をいただきながら、ワクワク・ドキドキがいっぱいの素敵な保育園にしていきたいと思います。
 さて、最近ふと‘この幸せは現実の世界のものかしら?’と思い、外にでてお月様を見、‘うんお月様は一つ!本物だぁ!’と確信することが多々あります。村上春樹さんの1Q84の小説の影響かしら?
私、お月様大ーい好きなんです。嬉しいこと・苦しいこと・悲しいこと 丸ごとぜーんぶ受け容れ、優しく温かく包み込んでくれます。そして何よりもお月様を見ていると時間がゆったりと流れていくようなそんな気がします。
お月様に関する歌も素敵ですね。私の大好きな歌はベルリーニ作曲の‘優雅な月よ’。昨夜 CDを聞いていたら‘イタリア語で歌ってみたい’という衝動にかられ、娘にレッスンをお願いしたところあっさりOK(これまでは面倒がっていたのに・・・)がで、腹筋・背筋を鍛えておくようにと言われました。気まぐれ娘のことなので 
レッスン開始の日は未定ですが・・・。
太陽丘保育園でも、ママさんコーラスやりましょうか?(もちろんパパさんも大歓迎ですよ!)
ここ数日 お月様は雲に隠れていますが、今夜はどうかしら? 今夜はお月様とデート出来ますように!


チビ猫”夢”の避妊手術2012.12.05

ゲージの中で緊張する夢ちゃんです


  みぞれ混じりの冷たい雨が続きますね。皆さんお元気でいらっしゃいますか?
 今日はチビ猫‘夢’の避妊手術の日です。お兄ちゃん猫たちは去勢済みなので、避妊はいいのかな?
と思いましたが、子宮等の病気のことを考えると避妊手術はしておいた方がよいとのことで予約をとってありました。これまでの病院行きはお兄ちゃん猫たちと一緒でしたが、今回は夢一人、夢の小さな脳回路がフル回転し非常事態を察したようで、全身に力を込めゲージ入りを拒否しました・・・。
車中、私の顔をジーッと見ながら哀れな声で鳴く夢、私は赤信号で止まる度にゲージを開け、「夢 ごめんね。大丈夫だから。」と声をかけていました。肝機能に問題があり、少々リスクを背負うことになりますが、総合的に判断し手術決行となりました。
毎夜 私の腕の中で眠り、心も身体もポカポカ状態なのですが、今晩は私も夢も淋しく、寒い夜になりそうです。






はらぺこ熊とどんぐり2012.11.20

熊の大好物です


  お天気が良いので、父と犬や猫たちのお墓参り、大好きな神社を参拝し、健康で暮らせていることに感謝を述べてきました。父が眠る霊園には花は殆どありませんでしたが、動物霊園には、あちこちの墓にきれいな洋花があり、行く度に‘この違いは何なんだろう?’と思ってしまいます。確かにペットには、たくさんの癒し・笑い・幸せをもらっていますものねー。我が家のチビ猫‘夢’も天真爛漫で、毎日元気にいたずらに没頭しています。でも何故か可愛くて叱れません・・・・・。
 さて、先日の朝刊に、熊が山菜採りの人間を襲った記事が載っていました。確か青森県だったと思うのですが。熊も冬眠を目前にして食べ物(どんぐり)探しに必死だったのでしょう。ツキノワグマはベジタリアンなので人間を襲って食べることはありませんが、ただ彼らも人間を恐れているので、遭遇してしまうと一撃されてしまいます。一撃して逃げるのです。
私は、山のどんぐりが不作でSOSが発信された年には、数人の仲間と公園等でどんぐりを拾い集め山に運んでいます。今月上旬、はらぺこ親子熊の情報が入り、晴れ間をみてはどんぐりを拾い、山に届けました。熊はどんぐりを食べないと冬眠出来ません。一回の食事量は50から60キロだそうです。大きな体ですものねー。彼らが生きていくためになくてはならない‘どんぐりの木’が地球温暖化の影響でアシノナガキクイムシにやられ、どんどん枯死しています・・・。食べ物を求め、必死で山を歩き回っているのかと思うと胸が苦しくなります。
もし大金が入ったなら、自然豊かな山を購入し、永久に人間立ち入り禁止にして、山の動物たちの楽園にしたい!(夢のまた夢ですね・・・)
飽食時代に生きる私たち、自然の恵みや命をいただいていることに日々感謝しながら過ごしていきたいものですね。


紅葉がとってもきれいです


森の中で2012.11.06

森の中のストローベイルハウス


 急に冷え込んできましたね。
 皆様、連休はいかがお過ごしでしたか?
 私は、3日(土)に企画準備室や保育園のスタッフの方々と富山県山田村で行われているストローベイルハウス作りに参加してきました。この日の作業は、藁レンガを積み上げ土壁(?)を塗った外壁に漆喰を塗っていくこと。単純作業とはいえ、でこぼこ面に塗りこむ作業はなかなか難しく根気のいる作業でした。小学生、幼稚園、保育園児の参加もあり、ご両親に褒められたり励まされたりしながら作業を楽しんでいました。私はというと・・・‘無’になっていました。(笑) 





 仕上げのアートは、子供たちが羽咋の海岸で拾い集めた貝殻を漆喰に埋め込むこと。風と太陽、星をイメージしたデザインでとても素敵でした。
太陽丘保育園でのストローベイルハウス作りも楽しみです。私には絵心が全くないので、皆様のアイディアをお待ちしていますね。
 また、この日にとても可愛い女の子とお話しすることができました。女の子は小学一年生、通っている小学校の全生徒数は十一人で一年生は自分一人であること、あと一年半で閉校になること、給食が温かくて美味しいこと、みんな頑張っていることなど澄んだ瞳で話してくれ、愛情をいっぱい受けて過ごしていることがよくわかりました。最後に、校歌を歌ってとお願いすると、少しはにかみながらも歌ってくれ、その澄んだ歌声が秋一色の森に柔らかく染み込んで、まるで絵本の世界にいるようでした。歌詞の中に‘虹のかけはし’という言葉があり、とても素敵な校歌でした。廃校になるのが惜しいですね。


海岸で拾った貝殻で飾り付けます


太陽丘こども園 以前の記事

太陽丘こども園[金沢市・太陽が丘]へのお問い合わせ

保育園からのお知らせ

太陽丘こども園とは

保育方針

施設概要

施設環境

サンサンくらぶ

社会福祉法人中央福祉会 情報公開

ページの先頭へ