11月に子ども園にてさつま芋の収穫をしました。その際に、こども達から『焼き芋を食べたい!』という声がたくさん聞かれたので、お芋を焼く為に必要な枯れ葉を公園に行って集め、少しずつ準備を進めてきました。



 11月16日火曜日に焼き芋クッキングを行いました。当日は天候が心配される中でしたが、無事に行うことが出来ました。
 さつま芋を少し濡らし、アルミホイルで巻き、しん校長に注意事項を教えてもらいながら焚き火の中にお芋を入れていきました。煙が黙々と立ち上がり、みんな煙たそうです。



 お芋が焼きあがるまで、こども園の園庭で少し遊びました。高台は遠くまで見えて、気持ちがいいようです。



 おやつと一緒に出来立ての焼き芋を食べながら、たき火を見つめ秋の実りを頂きます。



 焚き木の黙々と空にのぼる煙を見上げたり、香ばしい甘い香りのするお芋を熱い熱いと言いながら持ち替えてはお芋を嬉しそうに食べたりしていました。外で食べる開放的な空間と秋の光景も楽しむことができ、こども達は秋ならではの良さを満喫することができたようでした。


 10月の中旬頃から、キッズで計画したハロウィンパーティに向けて仮装の準備を進めてきた子ども達。当日、待ちに待っていた子ども達は学校から一目散に下校してきて、嬉しそうに自分で作ったカラーポリ袋などで作った衣装を着たり、フェイスペイントをしたり、家から持ってきたお気に入りの衣装に着替えたりして、大はしゃぎ!!どの子も個性的で、とっても嬉しそうな表情をしていました。




















 仮装の準備ができると、みんなで太陽丘こども園まで、仮装行列になって移動しました。行列になって行進すると増々ハロウィンの雰囲気が高まります。ウキウキが止まらないといった様子の子ども達でした。





 太陽丘こども園の芝生広場に到着!!早速、キッズカレッジ校長のしん先生を始め、キッズの職員や太陽丘こども園出身の子は懐かしい太陽丘こども園の職員達に元気よく「トリック オア トリート!」と言って、お菓子をもらって嬉しそうな表情をしていました。





 その後、職員達からもらったハロウィンのお菓子を食べたり、仲の良い友達や職員と一緒に記念撮影をしたり、太陽丘こども園の芝生広場や園庭で遊んだり、しん先生からのサプライズで柿をご馳走になったりと、どの子も楽しそうに過ごしていました。
 「楽しかった〜」「また、仮装したい!持ってきてもいい??」「〇〇ちゃんの仮装がすごかった!!」などと、子ども達の嬉しそうな声がたくさん聞かれたハロウィンパーティでした。
























 10月29日金曜日に10月の誕生会を行いました。今月のメインおやつは『デカポ!?』
人気ゲーム『フォートナイト』の中に登場する回復アイテムで、見た目を真似して作る手作りシェイクがSNSでも話題となっています。こども達は透明のカップにアイスのガリガリ君やグミなどを入れてシェイクし、ジュースを入れ、かき氷シロップで好きな色を付けて楽しそうに作っていました。







 誕生児は特別に、見た目がデカポの入れ物にそっくりなガラス製の入れ物に入れて作りました。初めて作ったデカポでしたが、美味しくいただけたかな?









 友達から誕生日カードを受けとり、真っ先に中身を確認、わーと言う声が響きます。みんな羨ましそうに見て、自分の時はどんな風にしてもらおうかと、思いを巡らせているようでした。





 室内を暗くして、皆でハッピーバースディを歌いお祝いをしました。誕生児達は少し恥ずかしそうでしたが、お祝いしてもらって嬉しそうです。




 8月上旬、今年の夏のビックイベントであるお泊りキャンプを開催しました。お泊りキャンプの日を今か今かと楽しみにしていた子ども達。お泊りキャンプの日までに、みんなでどんなことをしたいか話し合いを重ね、準備をしてきました。お泊りキャンプ当日の夜は多くの子ども達の希望で『肝試し』をすることに。夕食はグループごとに話し合って決めたグループごとに全く違うメニューを野外炊飯で作ることに。
 肝試しの準備をしている時も、グループごとに夕食で何を食べたいか話し合って決めている時も、子ども達は生き生きとした表情をしていました。









 いよいよお泊りキャンプ当日。天候にも恵まれ、夕方から野外炊飯活動をスタートしました。グループの友達と協力して重いレンガを運んでかまどを作り、新聞紙や段ボール、木材を使って火起こしをしました。太陽丘こども園で経験したことがある子がリードしたり、初めて火起こしに挑戦する子は支援員に教えてもらったりしながら、真剣な表情で取り組んでいました。










 火が大きくなるとすぐに調理開始!グループごとに事前に調べて紙に書いておいた作り方を見ながら、一生懸命調理していました。調理に夢中になるあまり、段ボールや木材を入れることを忘れ、火が消えかかって大慌てになるグループも…。ハプニングが起きながらも、何とか計画通りのメニューを作り上げることができました。






 夕食が出来上がったグループから夕食の時間に。『カレーライス』『シチュー』『焼きそば』『豚丼』『バーベキュー』『きりたんぽ風ライスバー』など、それぞれのグループの子ども達が考えて作ったメニューをお腹いっぱい味わいました。










 お腹が満たされた後は、お楽しみの肝試しを行いました。お化け役の子ども達はウキウキ、肝試しに参加する子はちょっとドキドキ!! 肝試し中は大騒ぎの子ども達でしたが、「全然怖くなかった!」「面白かったよ!」「もう一回行ってもいい??」などと、参加した子ども達も存分に楽しめたようでした。








 10月は、以前から子ども達の中から「やりたい!」という意見が出ていたさつまいも掘りをしました。
当日は天候にも恵まれ、1年生〜6年生の中で希望する子ども達と一緒に太陽丘こども園の畑まで行き、たっぷりさつまいも掘りを堪能することができました。









 楽しみにしていた分、畑まで行くと夢中になってツルを引っ張ったり土を掘ってさつまいもを探していました。
 途中、隣で畑作業をしていたキッズ校長のしん先生がネズミを捕まえて見せてくれ、大はしゃぎの子ども達。相談の結果、キッズ1で飼育をしてみたい!という話になりバケツに入れていましたが、観察している途中で逃げられてしまい、ちょっと残念そうにしていました。
 その後もシャベルを使ったり、友達と力を合わせたりしながら土を掘っていく子ども達。土の中から念願のさつまいもが出てくると、「あった!」「見て見て!でっかいよ!!」「ほら!いっぱい採れた〜?」と大はしゃぎしていました。








 自分達の力で収穫したさつまいもと一緒に記念撮影もしました。どの子も、さつまいもをゲットすることができて嬉しそうな表情をしていました。キッズ2の高学年達はその後、二輪車を使ってさつまいもをキッズ2まで頑張って運んでいましたよ。
 子ども達からは、「早く食べたい!」「お家に持って帰ってもいい?」「焼き芋にして食べたい!」「めった汁作って欲しい!」「大学芋食べたい!」などと様々な声が聞かれました。収穫したさつまいもで、今後も楽しい活動を計画していきたいと思います。