介護保険制度のQ&A

介護保険制度のQ&A

Q:介護保険はどうすれば使えるのですか?

→ 申請が必要です。かかりつけ医へ相談し主治医意見書(無料)を作成してもらい、介護保険課・福祉健康センター窓口へ申請します。30日ほどの間に、認定調査を受け、認定結果の通知が届く。居宅介護支援事業者等の届出を行い介護サービス計画を作成しサービス利用となります。
 *ご本人やご家族の方が届出ることも出来るが、依頼する事業者の方に届出てもらうと便利。

Q:介護保険でどんなことが出来るのですか?

《在宅サービス》

 ◎自宅で利用できるサービス
   訪問介護(ホームヘルパーサービス)・居宅療養管理指導・訪問看護・訪問入浴介護・
   訪問リハビリテーション
 ◎施設に通ったり、宿泊して利用するサービス
   通所介護(デイサービス)・通所リハビリテーション(デイケア)・
   短期入所生活介護(ショートステイ)・短期入所療養介護(ショートステイ)
 ◎入居先を自宅とみなすサービス
   特定施設入居者生活介護

《施設サービス》

 ◎日常生活全般で介護が必要な方:介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 ◎自宅に戻るためにリハビリを受けたい方:介護老人保健施設
 ◎長期間医療ケアが必要な方:介護療養型医療施設・介護療養型老人保健施設

《地域密着型サービス》

 ◎認知症対応型通所介護
 ◎認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
 ◎小規模多機能型居宅介護
 ◎地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

《生活環境を整えるサービス》

 ◎福祉用具貸与・特定福祉用具購入費支給・住宅改修費の支給

Q:デイサービスやデイケアを使うにはどうすれば良いのですか?

→ 介護保険の認定を受けて居宅介護支援事業者等の届出を行うと
  ケアマネジャーがケアプランを作成し、希望の事業所へ通えるように手続きします。
 *利用時間やプログラム内容に違いがあるので、自分に合ったものを選べます。
 *体験利用できるところもあります。
 *利用料金は、介護保険で決められた料金(1割負担)の他に、食費は自己負担になります。
費用は事業所の種類によって異なります。

Q:ショートステイを使うにはどうすれば良いのですか?

→ 介護保険の認定を受けて居宅介護支援事業者等の届出を行うと
  ケアマネジャーがケアプランを作成し、希望の事業所へ泊まれるように手続きします。
 *滞在費、食費、日常生活費等は自己負担になります。費用は事業所の種類によって異なります。

Q:居宅介護支援事業所は何をするところ?

→ 介護保険でのサービス利用の調整及び相談窓口。