太陽丘シニアビレッジとは

中央福祉会居宅介護支援事業所が属する「太陽丘シニアビレッジ」とは

私たちの手助けを必要とされる方が、安心して暮らしていただける街です。

中央福祉会居宅介護支援事業所が属する「太陽丘シニアビレッジ」。
そこに「健康・医療・福祉」サービスを提供するコミュニティーがあります。


太陽丘シニアビレッジ


太陽丘シニアビレッジ

太陽丘シニアビレッジでは、多彩なサービスを提供し、施設ごとに連携しています。これまで出来なかったことや何か新しいことにチャレンジできる環境を提供したいという思いでつくりました。

昔から「子は鎹(かすがい)」と言うことわざがありますが、この「太陽丘シニアビレッジ」は子どもから高齢者まで交流の場として人と人のきずなを深める役割を担おうとしています。

世代ごとに価値観や生活スタイルが多様化し、「同じ屋根の下の大家族」が実現しにくくなった現代社会。「太陽丘シニアビレッジ」では、利用される方やその家族の皆さんが「ゆるやかな大家族」として、最初は見ず知らずでも挨拶を交わすことで顔なじみとなり、やがて支え合う関係になることを目指しています。

そのためにも、人と人をつなぎとめる「鎹(かすがい)」の役割こそ、このゾーンの大切なコンセプトとなっています。

癒しとおもてなし

「太陽丘シニアビレッジ」では各事業所の特長を組み合わせ、多種多様なサービスを提供することで、 利用される方の希望に添った固有のサービスを提供しています。
より利用者の希望に近づくために、往診や在宅医療を積極的に行う医師、糖尿病療養指導士と介護支援専門員資格を持った管理薬剤師、 はり、きゅう、マッサージ師の資格を持つ機能訓練指導員、看護師や介護福祉士など国家資格を有するスタッフが連携し、 利用される方一人一人の満足を目指しています。


太陽丘シニアビレッジ、中央福祉会居宅介護支援事業所の様子

自宅でもなく施設でもない第3の場所として、このコミュニティを利用してもらえるように、 ハードとソフトの両面で“癒し”と“おもてなし”を提供する。
ゾーン一体となったガーデニングは、 正に「ゆるやかな大家族」を象徴し、そこに集う人々が笑顔で会話ができるような場所となっています。


太陽丘シニアビレッジ、中央福祉会居宅介護支援事業所の様子

これからの未来へ

太陽丘シニアビレッジは、映寿会グループの理念「人が心身ともに健康で長生きできる手助けをする」を具現化した新しいカタチのコミュニティです。そこでは人と人を結ぶ絆が生まれます。

親子の絆、世代を超えた絆、同じ年代、同じ趣味の仲間との絆、ふれあい、そして支え合う。子供たちが高齢者の話に耳を傾け、高齢者が子供たちから生きるエネルギーをもらえる街。

「街全体がゆるやかな大家族」のような太陽が丘で、健康で楽しい生活を始めませんか。


太陽丘シニアビレッジ、中央福祉会居宅介護支援事業所の様子